2005.09.27
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、機密データ暗号化ソリューションIngrian DataSecure Platformの取り扱いを開始

データベース、アプリケーション、Webの3階層システムを透過的に暗号化

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、アメリカIngrian Networks, Inc.(以下、イングリアン ネットワークス社、本社:アメリカ カリフォルニア州 レッドウッドシティ)製の機密データ暗号化ソリューション、Ingrian DataSecure Platformの販売に関し、日本国内における総代理店契約を締結したことを発表致します。


 Ingrian DataSecure Platformは専用のハードウェアとソフトウェアでデータベース上の機密データの暗号化を実現します。暗号化はアプリケーションレベル、Webサーバレベルもしくはデータベースレベルでシームレスに行われ、アプリケーションへの組み込みが難しい、メンテナンスに時間がかかる、パフォーマンスが低いといった従来の課題を解決します。
 データベースレベルの暗号化だけでは、データベース管理者、もしくはそれに成りすました第三者によって暗号されたデータにアクセスされる危険性が残りますが、アプリケーションレベルで暗号化機能を組み込めば、データベースレベルでは暗号化された機密データにアクセスがすることが出来ないため、非常にセキュアなシステムを構築することが可能です。
 Ingrian DataSecure Platformは、1台のハードウェアで複数のWebサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバの暗号化処理、暗号鍵の管理、セキュリティポリシーの管理を行うことが出来るため、情報システム管理者、もしくはセキュリティ管理者は社内の複数の業務システムのセキュリティを統合的に集中管理することができます。
 イングリアン ネットワークス社は、2005年9月19日に、米国CardSystems Solutions, Inc.が同社のIngrian DataSecure Platformを採用したことを発表しております。この発表の中でイングリアン ネットワークス社は、米国では2005年2月以降、45件の大規模な情報漏えいが報告されており、続発するこれらの情報漏えいは機密情報を暗号化する必要性を明示している、との見解を示しております。

 マクニカネットワークスでは、初年度30システムの販売を目標としております。

■Ingrian DataSecure Platformのコンポーネント

Ingrian DataSecure Platformは、次の3つのコンポーネントで構成されています。

DataSecure Appliance
DataSecure Applianceは、セキュリティ管理と暗号化処理の専用ハードウェア製品です。高い可用性を実現するため、CPU、電源、ファンを始めとするシステムコンポーネントが冗長構成になっており、複数のNICとオンボードオプションを搭載しています。オプションで米国連邦情報処理規格(FIPS)140-2 Level 3準拠のハードウェアセキュリティモジュールを実装することにより、暗号化鍵の耐タンパー化も可能です。

Network-Attached Encryption Server
NAE(Network-Attached Encryption)サーバでは、きわめて高度な暗号化処理を大量に実行することができます。また、多種多様なセキュリティ関連のタスクを実行します。たとえば、アプリケーションサーバやデータベースサーバ上のNAEコネクタからのすべての暗号化要求を処理したり、データの完全性のチェックを実施してデータが改ざんされていないことを確認したり、暗号化鍵を安全な場所に格納、管理したり、DataSecure Applianceでのすべての暗号化要求および暗号化処理のログを集中管理できます。

Ingrian NAE Connector
Ingrian NAE Connectorは、Webサーバ、アプリケーションサーバ、またはデータベース内でユーザが定義したデータを保護する標準の暗号化インタフェースを提供します。Ingrian NAE Connectorは、Webサーバやアプリケーションサーバ、もしくはデータベースにインストールする小規模なソフトウェアコンポーネントでDataSecure Applianceとのインタフェースとなります。すべてのIngrian NAE Connectorには、負荷分散処理、システムのヘルスチェック、クラスタ構成のDataSecure Appliance間でのポーリングなどのための拡張ロジックが組み込まれています。

■Ingrian DataSecure Platformの特長
堅牢なセキュリティ
 カラム単位でのデータベース暗号化機能、セキュアなポリシーおよび暗号鍵の管理、高度な集中管理機能、管理者権限の分散化機能などにより、多様な脅威に対応できます。

容易な実装
 Ingrian DataSecure Platformの実装は自動化されており、アプリケーションはそれを意識する必要はありません。また、管理コンソールは直感的に使用できるように設計されており、さらにすべての鍵およびポリシーが中央で管理されるので、効率よくメンテナンスを行うことができます。

拡張性と信頼性
 Ingrian DataSecure Platformは専用のアプライアンスで暗号化の処理を行います。データベースサーバから暗号化の処理を切り離すことで、非常に要件の厳しい環境であっても、優れたスループットと高度な可用性を実現することができます。

異なる複数の環境、複数のレイヤへのフレキシブルな実装
 複数の、OSやデータベースエンジンが異なる環境への実装を、異なるレイヤ(Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバ)で実装できます。

■イングリアン ネットワークス社 会社概要
 イングリアン ネットワークス社は、企業のデータ・プライバシー確保に必要な各種製品を提供しています。      
 Ingrian DataSecure Platformは、重要データを社内外の脅威から保護すると共に、セキュリティ関連の法令・方針の規定に適合することを目指した製品です。Ingrian DataSecure Platformは、専用セキュリティデバイスと、アプリケーションやデータベースに格納される重要データを暗号化するための専用ソフトウェアで構成されます。Ingrian DataSecure Platformには、データベースのカラム単位での暗号化を含む各種暗号化機能、シームレスな統合、集中セキュリティ管理に対応した各種機能が完備されているため、抜群の使いやすさと低コストで、セキュリティ上の様々な脅威から自社を防護することが可能になります。Ingrianは、Globespan Capital Partners、HighBAR Ventures、Menlo Ventures、Partech International、Prism Venture Partnersなどの投資家の支援を受けて運営される株式非公開企業です。
Ingrian Networks Inc. :http://www.ingrian.com/
製品詳細 :http://www.macnica.net/ingrian/
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■お問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net /
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970   
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 
広報企画担当 内山
問い合わせフォーム