2005.07.20
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークスと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、スパムメール対策アプライアンス販売で提携

Barracuda Networks社「バラクーダスパムファイアーウォール」シリーズの提供を開始

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下:富士通SSL、本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:斎藤 潔)にマクニカネットワークスが日本代理店として扱っているBarracuda Networks(以下バラクーダネットワークス社、本社:米国カリフォルニア州)の「バラクーダ スパムファイアーウォール」シリーズの提供を開始することを発表致します。

 富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。マクニカネットワークスでは2004年5月より、バラクーダネットワークス社のスパムメール対策アプライアンス「バラクーダ スパムファイアーウォール」を販売してまいりましたが、今回の連携により富士通SSLのソリューション・サービス群「PoweredSolution」のセキュリティ・ソリューションの取り扱い製品として「バラクーダ スパムファイアーウォール」を提供することとなりました。これにより、富士通SSLはお客様の規模を問わず、スパムメール対策を始めとした電子メールセキュリティの提供が可能になります。

 従来、スパムメールは煩わしいだけのものでしたが、近年ではウィルスゲートウェイやメールサーバの遅延,、またシステムのダウンを引き起こす等、電子メールによるコミュニケーションを阻害する大きな要因となっています。さらに、銀行・カード会社などの金融機関やポータルサイトからのメールを装ったフィッシング詐欺も国内での被害が確認されており、個人の情報漏えいの危険性も高まっています。バラクーダネットワークス社製「バラクーダ スパムファイアーウォール」は多階層のスパムフィルターにより多角的にスパムメールを検知します。どのようなメールをブロックするかの決定に関しては、管理者による企業ポリシーに準じた設定だけでなくユーザ毎に個別の設定も可能です。さらに、各フィルタリング機能のON/OFFも設定できますので、導入段階や企業のセキュリティポリシーに合わせて柔軟に導入することができます。設定や変更は全てブラウザベースで行います。日本語を始めとした複数言語のGUIが提供されており、容易な運用管理を実現しています。スパム定義ファイルは24時間365日体制でバラクーダネットワークス社のバラクーダセントラルという特別なオペレーションセンターから提供され、各サイトに設置された「バラクーダ スパムファイアーウォール」は1時間毎もしくは1日毎に自動で更新作業を行います。さらに、ユーザライセンスやオプションを排除した価格体系を採用しているため、メールユーザ規模を問わず「バラクーダ スパムファイアーウォール」を導入することができます。

 両社はパートナーとして中堅・大手企業ユーザや大学、官公庁を始めとした市場に対して、コストパフォーマンスの高いスパム対策ソリューションを提供します。

■バラクーダスパムファイアーウォールの主な機能

・インテンション解析機能
 既知の有害なURLをデータベース化し、受信したメールの本文にこれらのURLが記載されているかどうかをチェックします。このデータベースにはアダルト、ドラッグ、違法にコピーされたソフトウェア、フィッシング詐欺などに関連した多様なURLが含まれています。

・レートコントロール機能
 DoS攻撃のように大量のセッションを張ってくるMTAに対して、一定の閾値を超えた場合に再送要求をし、さらに大量のセッションはドロップします。

・ルールベーススコアリング・ベイジアン解析機能
 受信したメールのスパムらしさを様々なルールに基づいて算出し、その得点に応じてメールの処理を決定します。また、「バラクーダスパムファイアーウォール」にスパムメールと正常なメールを学習させることで、スパムメールの検知率を向上させ、誤検知率をゼロに近づけることができます。

▼バラクーダスパムファイアーウォールの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.macnica.net/barracuda/

■富士通SSL 会社概要


■お問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net /
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970   
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 
広報企画担当 内山
問い合わせフォーム