2004.10.05
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、米国イントランザ社と販売代理店契約を締結
Intransa IntraStorTMの販売を開始

IP SANを構築するストレージシステム

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、Intransa, Inc(以下、イントランザ社、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO: Avi Katz)と国内独占販売代理店契約を締結し、同社のIntransa IntraStorTMの取り扱いを2004年10月中旬より開始することを発表致します。

 商品名  Intransa IntraStorTM  (イントランザ イントラストア)
 予定価格

 \7,750,000 (税込\8,137,500)~

 出荷開始予定日  2004年10月中旬

 Intransa IntraStorは、次世代のIPベースのSANを構築するミッドレンジストレージシステムです。その優れたソフトウェア及びハードウェアアーキテクチャにより、サーバ及びストレージシステムを、容易に集約、拡張、管理できます。大容量のデータを格納するアプリケーション、例えばマイクロソフト社のExchangeやSQLサーバ、またバックアップやリストアに対して有効なソリューションです。

 ストレージ及びサーバの集約が企業の課題になっている近年において、ストレージシステムのコスト削減は企業の大きな課題になっています。iSCSI及びIP SANテクノロジーは、�ファイバチャネルよりスイッチのポート単価が安価、�管理者にとって既知のIP環境、�ATAドライブテクノロジーによるコストの利益をもたらします。イントランザ社のIntransa IntraStorは容易に管理できるバーチャリゼーションソフトウェア、スタンダードなiSCSIのインターコネクションとストレージの集約化に適したソリューションを提供します。米国・ヨーロッパ・アジアなど世界各国で日本に先駆けて2003年度10月より出荷を開始しており、既に数にして200システム以上、容量で1PB近くのシステムの実績を誇ります。

 マクニカネットワークスでは、イントランザ社のIntransa IntraStorを柔軟なストレージ容量の拡張を必要とする企業や教育機関、ISPなどのお客様に対し、国内のコンピュータメーカーやネットワークインテグレーターを対象にしたチャネル販売で積極的に販売展開していきます。

 Intransa IntraStorの主な機能

【柔軟なハードウェア構成】
 1つのSC5100ストレージ・コントローラ・モジュールで6台までのディスク・エンクロージャ・モジュールをサポート可能です。最大24TB(2004年9月現在)までの拡張が可能です。さらにSC5100ストレージ・コントローラ・モジュールを複数台使用しての拡張が可能で、ユーザの環境に合わせ柔軟にシステムを構成できます。

【多彩なソフトウェア機能】
 Intransa IntraStorは管理ソフトウェアStorControl Management Toolにより様々な機能を提供します。

・ JavaベースのGUI Intransa IntraStorを集約して管理する事が可能
・ CLIのサポート 継続タスクへのスクリプト機能を提供
・ ウィザードベースのボリューム作成
・ ディスクのマッピング
・ ストレージ・バーチャリゼーション・エンジン フリーのディスクスペースを集約化、複数のホストへの割り当てが可能
・ ドラッグ・アンド・ドロップでのボリュームのリサイズ
・ データ・ミラーリング
・ ボリュームスナップショット Intransa StorControl Snapshotにより、書込可能なスナップショット
・ アラート機能

 Intransa IntraStor製品の主な仕様

 Intransa IntraStorはSC5100ストレージ・コントローラ・モジュールとディスク・エンクロージャ・モジュール(DE5200-8、DE5400‐16)から成り立ちます。コントローラの冗長構成のIP5500と単一コントローラのIP3000があります。

【SC5100ストレージ・コントローラ・モジュール】
<物理サイズ>1U 19インチラックマウントデザイン
<キャッシュメモリ>2GBキャッシュ搭載
<ネットワークI/F>ギガビットイーサネット4ポート
<サポートOS>Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Red Hat Linux, Solaris 8, 9
<サポート予定OS>HP-UX, AIX, Novell(2005年1月予定)
<機能>CLIサポ-ト、ボリュームマネージメント、データ・ミラーリング

 

【DE5200-8、DE5400‐16(ディスク・エンクロージャ・モジュール)】
<物理サイズ>3U 19インチラックマウントデザイン
<ドライブ>250GB ATAディスク(7,200rpm)
<RAIDレベル>RAID0、1、1/0をサポート
<構成>完全冗長構成(電源、ファン)
<最大I/O処理速度>56,300 IOPS
<最大データ転送速度>221MB/S

 イントランザ社 会社概要

イントランザ社は、エンタープライズクラスのインテリジェントなIPストレージソリューションを提供する革新的な企業です。2000年9月に設立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。
イントランザIP5000は、複雑になりがちなスケーラブルなネットワークストレージの導入を劇的に簡素化するストレージソリューションです。その先進的なテクノロジーにより、イーサネットのコスト及びパフォーマンスの優位点、IPの普遍性を利用できます。
●イントランザ社: http://www.intransa.com/
●製品詳細: http://www.macnica.net/intransa

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 画面データをご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。