2004.09.30
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、Redline Networks社製 Webアプリケーション・プロセッサE|Xシリーズ ファームウェアアップデート版(バージョン4.0)をリリース

第3世代キャッシュ機能を搭載し、大幅に機能アップ

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、最新ファームウェア バージョン4.0を搭載したRedline Networks, Inc.(以下 レッドライン ネットワークス社、本社:米国カリフォルニア州)製Webアプリケーション・プロセッサ E|Xシリーズを2004年10月中旬より販売開始することを発表いたします。

 商品名  価格(税別)
 E|X 3200 (イー・エックス3200)

 \ 5,500,000 (税込み \5,775,000)

 E|X 3250 (イー・エックス3250)  \ 7,500,000 (税込み \7,875,000)
 E|X 3650 (イー・エックス3650)  \ 13,000,000 (税込み \13,650,000)
 オーバー・ドライブ  \ 1,200,000 (税込み \1,260,000)
 出荷開始予定日  2004年10月中旬

 レッドライン ネットワークス社のWebアプリケーション・プロセッサは、独自の圧縮技術によりWebサーバへのトラフィックを低減させ、セッションの生成を抑え、処理の対象数を減らすWeb高速化装置です。 それまで必要としていたセッション処理からサーバのCPUを解放することが出来ますので、Webサーバ自体の処理能力に余裕が生まれ、スタティック(静的)/ダイナミック(動的)コンテンツのダウンロード時間を軽減し、Webサーバ自身の負荷軽減/ キャパシティの増大といった効果を提供することができます。

 今回発表するエンタープライズ向けE|Xシリーズに搭載するファームウェアの最新バージョン4.0には、オプションで第3世代キャッシュ機能(以下 3Gキャッシュ)を搭載します。本製品は従来企業が導入していた第1世代(静的コンテンツキャッシュ)、第2世代(従来の動的コンテンツキャッシュ)の柔軟性の低いキャッシュ装置に比べ、企業のアプリケーションに対して洗練されたキャッシュ機能を提供します。3GキャッシュはPeople Soft、SAP、Siebel、 OracleやWebベースのカスタムアプリケーションに対して簡単に展開し、高パフォーマンスを提供して、キャッシュされたコンテンツをダイナミックに変更することが可能なソリューションです。
 3Gキャッシュは、企業やデータセンターがWebサーバやアプリケーションサーバ、その他Webに関わる製品の追加をするよりも容易にE|Xを導入してサイトの負荷軽減を実現することを可能にします。旧世代のキャッシュソリューションではキャッシュ可能/キャッシュ不可能なコンテンツを効果的に識別することができませんでした。3GキャッシュはE|Xシリーズのオプション機能であるOverDrive※に統合されたAPIを持ち、システム管理者はキャッシュ可能/ キャッシュ不可能なコンテンツを分けて管理することができ、キャッシュ可能なデータはカスタマイズされたパラメータで扱うことができます。
 これらの機能によって、レッドライン ネットワークス社は企業のWebアプリケーションに対して最適なソリューションを提供することができます。E|Xシリーズは、圧縮、サーバロードバランサ、SSLターミネーション、アプリケーションセキュリティ、OverDrive、そして3Gキャッシュ機能を1台でサポートし、1Gbpsのアウトバンドデータを処理します。結果として、遅延を最大60%改善し、サーバキャパシティを劇的に増大します。

※httpコンテンツをE|Xシリーズで編集し、クライアントとサーバ間でE|Xシリーズをトランズレータとして利用する機能

 Webアプリケーション・プロセッサE|Xシリーズ ファームアップデート版(バージョン4.0)の主な機能
   

  - RAM-based Reverse Proxy Cache 機能
 - OverDrive機能拡張
  ・Cache制御機能
  ・設定するRule文 のContinue機能追加
 - SLB 機能拡張 分散手法の追加
  ・分散手法の追加 ラウンドロビン/重み付け/Chaining
 - Global Application Failover
  ・すべてサーバがダウンしても他の場所のサーバへリダイレクト可能
 - HTTP LDAP認証機能の強化
  ・LDAP Over SSL
  ・クライアント証明書のHTTPヘッダ挿入サポート

▼レッドライン ネットワークス社製品の詳細は下記URLをご参照ください。
  http://www.macnica.net/redline/

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 画面データをご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。

 


お問い合わせ先:
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 内山