2004.09.01
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、エスエス製薬へWeb アプリケーションアクセラレータ「E¦X 3200」を提供

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、エスエス製薬株式会社(以下 エスエス製薬)に対し、Redline Networks, Inc.(以下 レッドライン ネットワークス社、本社:米国カリフォルニア州)のWebアプリケーションアクセラレータ「E|X 3200」(イー・エックス3200)を提供したことを発表致します。

医薬品、医薬外品、医療用具、化粧品、食品等の製造及び販売を行うエスエス製薬は、 2004年4月にホストコンピュータによる集中型システムからデータ発生源入力型のWebイントラネットシステムへ移行しました。 この移行に伴い、数百名の医薬情報担当者(MR)が外出先からリモートアクセスをする際のダウンロードタイムを高速化する事で、業務効率の向上を図るために、Webアプリケーションアクセラレータ「E|X 3200」を導入致しました。

エスエス製薬では以前、一部クライアント/サーバシステムからWebイントラネットシステムに試験変更した際、クライアント/サーバシステムに比べWebイントラネットシステムはダウンロードタイムが遅くなるという問題が発生しました。その対応策として、将来的なシステム拡張の対応の必要があったエスエス製薬は、狭帯域からでもダウンロードタイムを高速化できる対策を検討していました。
 「E|X 3200」は、コンテンツ圧縮機能を備えており、配信するコンテンツを圧縮しデータ量を小さくしてからユーザに配信するため、64Kbpsや128kbpsといった狭帯域からのアクセスでもダウンロードタイムを高速化できます。エスエス製薬の実環境にて「E|X 3200」をテスト導入したところ、64Kbpsの環境において最大約35秒かかっていた利用者へのレスポンスタイムが最大でも5秒以内に改善し、約7倍の効果がでる事がわかりました。また通常のWebイントラネット以外にPDFやマイクロソフト系のアプリケーションも圧縮可能で、売上げや医薬品情報のダウンロードタイム高速化などにも効果を発揮致しました。また、利用者数の多いエスエス製薬では、「E|X 3200」がクライアントのブラウザで解凍可能なアルゴリズムを使っているため利用者側は全く設定変更を要求する必要が無い点も、情報システム部の管理工数削減の観点から、導入に際しての重要なポイントとなりました。さらに、ユーザからのTCPコネクションを集約しWebサーバ側には少数のTCPコネクションのみを処理させる「TCPコネクション集約機能」により、Webサーバが同時に処理できるクライアント数を増加させる事で、アクセスが集中する朝方及び月末の負荷集中時にもWebサーバを増設せずに耐えうるWebイントラネットシステムを構築することが出来ました。

エスエス製薬では今回の導入により、医薬情報担当者(MR)がリモートアクセス環境からでも高速にWebイントラネットシステムを活用する事ができるようになりました。
今後は、「E|X 3200」のWebサーバ負荷分散機能を活用し、システムの拡張も検討予定です。

 
 レッドライン ネットワークス社製 Webアプリケーションアクセラレータについて

 レッドライン ネットワークス社のWebアプリケーションアクセラレータは、独自の圧縮技術によりWebサーバへのトラフィックを低減させ、セッションの生成を抑え、処理の対象数を減らすWeb高速化装置です。 それまで必要としていたセッション処理からサーバのCPUを解放することが出来ますので、Webサーバ自体の処理能力に余裕が生まれ、スタティック(静的)/ダイナミック(動的)コンテンツのダウンロード時間を軽減し、Webサーバ自身の負荷軽減/ キャパシティの増大といった効果を提供することができます。
レッドライン ネットワークス社製品の詳細は下記URLをご参照ください。
 http://www.macnica.net/redline/

 エスエス製薬 会社概要
 
会社名 エスエス製薬株式会社
資本金 101億62百万円
設立 1927年
本社所在地 〒103-8481 東京都中央区日本橋浜町2-12-4
代表者 代表取締役社長 萱生 統
従業員 約1584名
ホームページ http://www.ssp.co.jp/
事業内容 医薬品、医薬外品、医療用具、化粧品、食品等の製造及び販売

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 製品写真データをご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。

 


お問い合わせ先:
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 内山