2004.04.06
株式会社マクニカ
クラビス カンパニー

マクニカ、米国 Beatnik(ビートニック), Inc. と代理店契約締結、携帯機器向けソフトウェアオーディオシンセサイザー「mobileBAE」を販売開始

従来の音源ICに代わるマルチフォーマット対応のミドルウェアを提供

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山 治貴、資本金:111億94百万円、証券コード:7631)は、この度、携帯機器向けオーディオシンセサイザーの開発メーカであるBeatnik, Inc.(以下ビートニック社、本社所在地:アメリカ カリフォルニア President & CEO:Don Millers)と販売代理店契約を締結し、同社のマルチフォーマット対応ミドルウェア「mobileBAE」の販売を開始いたします。

 「mobileBAE」は、ミドルウェアとして携帯端末のCPU(主にARM)にポーティングすることで、従来の音源ICに代わるソリューションを提供することができます。音源ICを、ミドルウェアとサンプリングレート44.1KHz/16bit/StereoのAudio用DAC(Audio用DAコンバータ)へ置き換えることによって、フルスペックでの再生が可能となり、スペースの削減と低コスト化が実現できます。

同製品は、リングトーン(着信メロディ)の標準フォーマットであるMIDI / SP-MIDI [※1]に対応しているほか、2004年1月にMMA(MIDI Manufacture Associates )で採用された最新のフォーマットである「mobile XMF」[※2]に関しても、いちはやくサポートを予定しております。
このように、複数の音源フォーマットをサポートしているため、供給先に合わせたサポートフォーマットへの変換の必要がなく、1つのミドルウェアのアーキテクチャでそれを吸収することが可能です。マルチフォーマット対応のこのミドルウェアで、各端末の要求スペックに合わせた開発が容易に実現できます。
今後は、開発ツールやXMFフォーマットへの変換ツールなどもあわせて提供していく予定です。

同製品は、GSM携帯電話マーケットを中心に欧米で幅広く採用されており、世界各国の大手携帯機器メーカ、Nokia、Motorola、Samsung、SonyEricsson、 Siemens などへの採用実績があり、ソフトウェアシンセサイザーとして認知されております。

 マクニカでは、同製品を、携帯電話、特に、GSM・3G端末を開発している機器開発メーカや、PDA機器開発メーカに提供していきます。特に今回のビートニック社のミドルウェアはGSMスタンダードとして認知されていことから、お客様から高い信頼性を得られるものと確信しております。今後も、拡大成長を続ける携帯端末向けのミドルウェア製品の拡充に努めてまいります。

 ビートニック社(Beatnik, Inc.)について:

 ビートニック社は、携帯機器向けのオーディオシンセサイザーを開発・ライセンスによる販売を行っております。本製品は主に携帯電話での着信メロディ/ゲーム効果音の再生、PDAの音楽フォーマット再生機能を、音源ICなしで実現するものとして欧米で広く認知されております。1997年設立、本社はカリフォルニア サンマテオ市にあります。
詳細は同社のホームページ、www.beatnik.com をご参照ください。
     

 補足

※1:MIDI/SP-MIDI
音源フォーマットの種類。
MIDI(Musical Instrument Digital Interface)は、SMFファイルで定義された標準フォーマットで、電子楽器の演奏情報を送受信するための世界共通のインターフェイス規格。
SP-MIDIは、1つのMIDIデータで発音数が異なる端末において最適にデータを再生するためのソリューション。従来のMIDIデータはそのターゲットとする端末によって8和音用、16和音用といった同一の楽曲に対して複数のコンテンツの製作工数を必要としてきたが、SP-MIDIは再生環境が異なる場合でも、コンテンツデータの共有(Scalability)をサポート可能とするフォーマットである。

※2:mobileXMF
eXtensive Music Formatの略称で、MIDI Manufacture Associatesが今年1月に承認をした、第三世代携帯電話(3G端末)に向けたSP-MIDIをベースとし た、新しい音源統一フォーマット。

* 本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

 なお、当社は社内カンパニー制を導入しております。同商品に関しましては、クラビス カンパニーにて取扱いをします。(当カンパニーは、2004年4月1日より、マクニカ I&C カンパニーからクラビス カンパニーへと名称変更をしました。)


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ 経営企画室 http://www.macnica.co.jp/
広報担当 浅野、宮原
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853