2004.03.10
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー

マクニカ、米国アラクリテック社製 iSCSI ホストバスアダプタ『Alacritech SES1001 iSCSI Accelerator』を発表

Webアプリケーションレベルでの攻撃を防御するセキュアアプライアンス

 半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける 株式会社マクニカ (以下 マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)は、この度、米国Alacritech, Inc.(以下 アラクリテック社、本社:米国カリフォルニア州)製iSCSI ホストバスアダプタ(iSCSI HBA)「Alacritech SES1001 iSCSI Accelerator」を日本・台湾・シンガポールにて3月中旬より販売開始することを下記の通り発表致します。

 商品名  Alacritech SES1001 iSCSI Accelerator
 価格  オープン価格
 販売開始予定日  2004年3月中旬

 アラクリテック社のTCP/IP オフロードエンジン(TOE)製品は、独自ASICアーキテクチャで、通常ソフトウェアで行われているPCサーバのTCP/IP処理を、ハードウェアで行うことにより、CPUに負荷をかけずに、サーバの転送速度を高速化し、ホストのCPU使用率を大幅に押さえることが可能です。
 今回発表された新製品「Alacritech SES1001 iSCSI Accelerator」は、現行のTOE製品からオフロードするプロトコルをiSCSIに絞り込み、低価格帯を実現した製品です。この製品は、 iSCSI と呼ばれるTCP/IPをベースとしたストレージアクセスのパフォーマンスをあげ、サーバのCPU使用率を削減します。
 マイクロソフト社の「iSCSI ソフトウェアイニシエーター」に対してシームレスなハードウェアアクセラレーションを提供し、かつ管理者の必要とするマネージメント機能、リンクアグリゲーション(回線多重化)機能や、フェイルオーバー(冗長化)機能もサポートしています。低価格でありながら、ウィンドウズベースのiSCSI を最も高いパフォーマンスで動作させる事のできるホストバスアダプタであり、ウィンドウズ環境の顧客のiSCSI SANの導入を理想的なものにします。
また、本製品はLionBridge社のテスト部門Veritestにより、パフォーマンス、スループット、CPU使用率改善において優れている事が証明されています。(参照:http://www.veritest.com/clients/reports/alacritech/

 Alacritech SES1001 iSCSI Acceleratorの主な機能
  • OSはWindowsサーバ2003、Windows XP、Windows 2000をサポート
  • 独自ASICを使用したTCP Offload Engine (TOE) によるiSCSIデータ通信のアクセラレーション
  • マイクロソフト社iSCSIソフトウェアイニシエータとのシームレスなインテグレーション
  • HTTP、iSNS、SNMP等インバンドIPストレージマネジメントプロトコルのサポート
  • スタンダートなイーサネットリンクアグリゲーション、フェイルオーバーのサポート(802.3 ad等
  • ギガビット・ワイヤスピード(双方向で220MB/秒)の性能
 アラクリテック社について

  アラクリテック社はTOEのリーディングサプライヤーです。この製品はネットワークシステムの最速化及び効率化を行います。アラクリテック社のアクセラレータの製品ラインは特許取得のSLICテクノロジーによりNAS及びiSCSIストレージデバイスのデータ通信を最適化します。SLICテクノロジーはストレージ、サーバに搭載され、既に市場に出回っているTOEソリューションをベースにしています。アラクリテックはカルフォルニア州サンノゼ市に拠点を置く非上場企業です。

<アラクリテック社のテクノロジーについて>
 加速度的に増えるネットワークデータをシステムやサーバが通信しなければならない中、ホストCPUからの使用率削減による効率化及びスループットが問題になっており、新しいソリューションが必要になっています。ギガビット、ファーストイーサネットを含むアラクリテックアクセラレータTNIC製品、iSCSI HBA製品は、特許取得のデータパスオフロード (DPO)アーキテクチャのSLICテクノロジーをベースにしています。アラクリテックのSLICテクノロジーはTCPのソフトウェア・コントロール・プレーンとハードウェア・データ・プレーンを分ける事によりイーサネット上でのデータ・ムーブメントを最適化します。この革新的なアーキテクチャによりサーバ及びストレージのパフォーマンス、効率を最大化します。すべてのアラクリテック社製品は業界標準のフェイルオーバー(冗長化)、リンクアグリゲーション(回線多重化)をサポートします。

<参考>
 アラクリテック社のAlacritech SES1001 iSCSI Acceleratorはマイクロソフト社の「iSCSIソフトウェアイニシエータ」を使用し、同社のウィンドウズ・ロゴ・プログラムを使用したウィンドウズOS に認定された昨今増加中のリーディングベンダーのiSCSIストレージデバイスとの相互接続性を保証します。
Alacritech SES1001 iSCSI Acceleratorは米国にてCisco(R) Systems, EqualLogic, FalconStor Software, Intransa, LeftHand Networks, McDATA Corp., SANRADら多くのIPストレージベンダーとの相互接続認定を受けています。
マクニカはアラクリテック社製品のグローバルな販売代理店として2002年8月より日本、シンガポール、台湾で活動をしています。

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
 ※製品写真データをご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。

なお、当社は社内カンパニー制を導入しております。同商品に関しましては、マクニカ ネットワークス カンパニーにて取り扱いを致します。

 


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー http://www.networks.macnica.co.jp/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 内山