2003.12.16
株式会社マクニカ
テクスターカンパニー

マクニカ、アライアンス事業によりソリューション・ビジネスを展開

株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山 治貴、資本金111億94百万円)は、この度、長年に渡るエレクトロニクス商社としての経験をもとに、従来の半導体・電子部品のディストリビューションのみならず、新たに技術ソリューションを顧客へ提供するサービスを開始しました。

今回のソリューション・ビジネスでは、アライアンス・ビジネスモデルを採用しており、富士通株式会社(本社所在地:東京都、代表取締役社長:黒川 博昭)および、富士通オートメーション株式会社(本社所在地:栃木県、代表取締役社長:網代 泰一)と事業契約を締結いたしました。豊富な半導体設計技術を有し、高速伝送設計を熟知したマクニカ 技術開発センターのノウハウ提供だけでなく、今回の締結により、従来のデバイス単体ソリューションに加えて、シミュレーションツールを活用した、高速伝送線路、電波対策など、回路技術全般を見た包括的なソリューション提供が可能となります。

マクニカは、本ソリューション・ビジネスを「マクニカソルバーアライアンスTM」とネーミングし、ソルバーメニューとして「シグナルインテグリティ設計コンサルティング」や「EMC設計/対策コンサルティング」などの各種コンサルテーション製品を整備し、事業展開を進めていきます。特に市場開拓期である当初は、ユーザーに当社コンサルティングを導入いただき易いよう無償のデザインレビューである「ZeroDRTM」や廉価コンサルテーション製品である「OnedayDRTM」といったサービスも用意し、市場への浸透を図っていきます。

本事業「マクニカソルバーアライアンスTM」において、マクニカは部品レベル・回路レベル・基板レベル・製品レベルという顧客からの多岐のウォンツに対し、常に最適解をご提供する〔ソルバー〕であり続けることをミッションとしています。

なお、当社は社内カンパニー制を導入しております。「マクニカソルバーアライアンスTM」に関しましては、株式会社マクニカ テクスター カンパニーが事業を推進しております。


*「マクニカソルバーアライアンスTM」は商標登録出願中です
*「ZeroDRTM」は商標登録出願中です
*「OnedayDRTM」は商標登録出願中です

■「マクニカソルバーアライアンスTM」の主なメニューと内容について


①ZeroDRTM
顧客先に伺い、電波放射や信号波形/電源ノイズなどに関する問題個所のご指摘を無償のデザインレビューにより実施します。
② OnedayDRTM
顧客先に伺い、電波放射や信号波形/電源ノイズなどに関する問題個所の検出とその対策方法をご提示いたします。
③高速伝送設計コンサルティング
顧客の要求伝送レート、要求仕様に基づき最適な基板パラメータ、高速伝送路パラメータをご提供いたします。
④ シグナルインテグリティ設計コンサルティング
高度なシグナル解析技術により、あらゆる設計フェイズで伝送路解析サービスをご提供いたします。
⑤ EMC設計/対策コンサルティング
設計上流にて仕様、部品をモデル化し、最適なレイアウト、パスコン等の設計ルールをご提案いたします。
⑥ ワイヤレス機器アンテナ設計
携帯電話、無線LAN、Bluetooth、RFIDなどワイヤレス機器のアンテナ性能の最適化を図るため、電磁波解析ソフトウエアによる設計ソリューションをご提供いたします。

 


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ 経営企画室 http://www.macnica.co.jp/
広報担当 浅野、宮原
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853