2003.11.06
株式会社マクニカ

マクニカ、ビジネスチャートサイト作成ソフト「B3 Smart」を販売開始

各種データベースと連携し、リアルタイムなポータルサイトで、アジル経営を支援する

 半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)は、従来販売してきた、米国コルダ・テクノロジーズ社のチャート作成ツールおよびサーバーソフトウェア「PopChart」にデータベース連携とポータルサイト編集機能を追加したビジネスチャートサイト作成ソフトウェア「B3 Smart(ビースリー・スマート)」の販売を開始致します。

 B3 Smartは企業における、基幹系データベース、情報系データベースとの連携に重点を置いて開発され、SAP (R/3 BW) 、JDBC対応のRDBMS、XML、CSV、Excelのデータソースと連動しながら、動的かつインタラクティブにwebブラウザ上でビジネスチャートを表現できるのが大きな特長です。基になるデータが変化すると、自動的にグラフに反映されます。これにより、サイト管理者はチャートデータの製作、加工、設置業務から開放され、大幅な工数短縮が可能になります。

 構造が複雑で量の多いデータは、グラフやチャートを多層構造にすることにより、概要を表すグラフからより詳細なものへと表現を展開できます。このドリルダウン機能によって、複数のチャートもポータルサイトのレイアウトの制限を受けることなく実現できます。

 B3 Smartにはwebブラウザ上でチャートサーバを管理するグラフィカルなツールが用意されており、初心者でも簡単に必要なグラフを作成することができます。サポートされているグラフの種類は27種類以上で、異なった種類のグラフやチャートにポップアップテキストを配置でき、より豊かなデータの表現を可能にしています。地域性のあるデータを表現するのに便利な地図チャートも、オプションで用意されています。

 SAP社のデータマイニング・レポート・ソフトウェアであるBusiness Information Warehouse (BW)に接続する場合でも、BWで作成した任意のクエリキューブ(SAP R/3から抽出するデータの定義)全てに、ブラウザ上でB3 Smartの管理者画面のウィザードに従ってマウスクリックとドラグアンドドロップの操作をするだけでアクセス可能となり、抽出されたデータを最適なタイプのチャートやグラフにすることが可能です。マクニカではSAPのBWだけでなく、SAP Reportsも本年末までにサポート予定です。なお、B3のSAP BW用コネクターは、すでにSAP社の認定を取得済みです。

 B3 Smartは、一旦取り込んだデータをグラフ化する前に加工するトランスフォーメーション機能を装備しており、これにより複数のデータソース、例えば、RDBMS、SAP、Excelファイルなどから取り込んだデータを結合し、データ間で合計値、比率などの演算を行った後、その結果を単一あるいは複数のチャートにすることができます。

 グラフやチャートの画像フォーマットとして、Flash、SVG、 PNG、 JPEG、がサポートされており、外部公開サーバ、企業内レポートシステムなどの幅広い用途で使用できます。対応OSはWindows Server、Linux、Solaris他JavaVMとPostgreSQLが動作する環境であれば動作可能です。

 価格はB3 Smart Pro builder 50ユーザ版が92万円から。日本語、英語の表示に対応。マクニカでは肥大化している企業データのビジュアル化が経営判断や通常の業務に不可欠になりつつあることと、webサービスの導入が今後増加することから、初年度200セット以上の販売を見込んでいます。なおマクニカでは、各種グループウェア、SFAツール上でもビジネスチャートが実現されるよう各ベンダーと協力し、取り組んでいく予定です。

 マクニカ Webサービスプロジェクトについて:
 
 マクニカWebサービスプロジェクトは、株式会社マクニカでJava/XMLを中心にした革新的な技術をベースにした開発を行うとともに、お客様にエンタープライズソリューションを提供することに特化した、ソフトウェア開発とマーケティングの特別プロジェクトチームです。ERPをはじめとする企業の基幹システムと、Webベースのシステムを統合するB2Bコマースシステムのフレームワークや、分散して利用されているレガシーシステムを単一のWebブラウザから、利用可能にするEAIシステムの開発にも積極的に取り組んでいます。
  開発拠点は主要な市場である日本の他、IT技術の世界的な中心となっている米国カリフォルニア州の他、米国とならんで優秀なソフトウェア技術者の宝庫になっているインドにも開発パートナーを設けています。
http://wsp.macnica.co.jp/
* 本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
* 「B3 Smart」は商標登録出願中です。

 商品およびサービスに関する詳細なお問い合わせ:
 
株式会社マクニカ 新事業企画推進室 Webサービスプロジェクト
鈴木富士雄 e-Mail:sales.wsp@macnica.com
TEL 045-470-9852 FAX:045-470-9853

 参考画像:
 
■グラフをグループ化し、プルダウンメニューで瞬時に切替表示

■ インタラクティブなチャート作成画面

■豊富なビジネスチャートテンプレート

本リリースに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

 


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ 経営企画室 http://www.macnica.co.jp
広報担当 浅野、宮原 
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853