2003.08.20
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー

マクニカ、企業系NAS(Network Attached Storage)新モデル「StorMate RAID NR5312」出荷開始

ディスク容量を120GBに増量、価格据え置き

   半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)は、この度、台湾SerComm Corporation(以下、サーコム社)製NAS(Network Attached Storage)「StorMate(ストアメイト)シリーズ」の新モデル、「StorMate RAID NR5312」の出荷を開始することを発表いたします。

商品名 StorMate RAID NR5312
標準価格(税別) \248,000
年間販売目標 1000台
出荷開始予定 2003年8月20日

「StorMateシリーズ」は、ネットワーク接続だけで簡単にファイルサーバとして利用できる、NAS(Network Attached Storage)です。マクニカでは2000年の販売開始以来、企業系のコンパクト共有サーバとして、システム管理者不在の遠隔地拠点や各部門内で多くのお客様にご利用いただいています。
今回の新モデル「StorMate RAID NR5312」では、お客様からご要望の多かったハードディスク容量を増加しました。従来品80GB(「StorMate RAID NR5380」)から大幅増量した、120GBのハードディスクを2台搭載しています。

  従来品同様に、RAID1とホットスワップに対応した安心設計で、かつ「スケジュールバックアップ機能(コピーモード)」や、「設定情報(ユーザアカウント情報)バックアップ機能」なども実装しています。しかも従来品NR5380(\248,000)と同価格を実現致しましたので、より多くのお客様にお求め安くなりました。
また、オプションで専用のスペアディスク(型番:M-DSHD5312 標準価格:\45,000)も準備しており、万が一ハードディスクが故障した場合でも、電源を切らずにハードディスクを交換することが可能です。

 従来品RAID 80GBタイプ「StorMate RAID NR5380」は現在庫限りで販売終了となり、その後は、「StorMate RAID NR5312」「StorMate ND5380」の2モデルの販売となります。

なお、当社は社内カンパニー制を導入しております。同商品に関しましては、マクニカ ネットワークス カンパニーにて取扱いを致します。 

NR5312製品仕様
モデル
NR5312
型番
M-DSNR5312
標準価格
\248,000
HDD容量
120GB x 2
(実ユーザ領域117GB)
搭載OS
Linux OS
RAID機能
RAID1、ホットスワップ対応
ファイル共有機能
SMB(NetBIOS over TCP/IP)、FTP
設定管理
SMTP、HTTP、NTP
サポートクライアントOS
Windows98/Me/NT4.0/2000/XP
ネットワークインターフェース
10Base-T/100Base-TX 自動認識 RJ-45
対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer5.5(SP2),6.0(SP1)
同時アクセス数
50クライアント
電源
電源内蔵
入力電圧
AC100V 50~60Hz
動作温度
5~35℃
動作湿度
20~80%RH(結露しないこと)
保存温度
0~50℃
保存湿度
8~80%RH(結露しないこと)
寸法(mm)
180(W) x 330(D) x 166(H)
重量
6.3kg
取得規格
VCCI ClassB

 


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー http://www.networks.macnica.co.jp/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 保田(やすだ)