2003.08.04
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー

マクニカ、米Airespace(エアスペース)社と販売代理店契約を締結

無線LANスイッチによるアクセスポイントの統合管理を提案

   半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)は、この度、Airespace, Inc.(以下エアスペース社、本社:米国サンノゼ)と日本国内における販売代理店契約を締結し、同社製無線LAN製品の取り扱いを開始することを発表致します。

エアスペース社の無線LANソリューションは、独自のアルゴリズムであるAireWave DirectorTMを搭載したソフトウェアを利用することで、リアルタイムに無線LANスイッチによるアクセスポイントの自動的電波管理やロードバランシングを行い、シンプルかつシームレスでセキュアな無線LANの統合管理を実現します。また、不正電波を自動検知する機能や、動的に最適なチャネルを割り当てたり、アクセスポイントの配置提案(エリアデザイン)も自動的に行うことが可能です。

製品構成は、無線LANスイッチ(Airespace 4000 Wireless Switchシリーズ)、アクセスポイント(Airespace 1200 Access Point)、管理ソフトウェア(Airespace Control System(ACS) Software)から成り、出荷開始時期は「Airespace 4000 Wireless Switchシリーズ」と「Airespace Control System(ACS) Software」が8月下旬、「Airespace 1200 Access Point」は9月初旬を予定しています。

●エアスペース社無線LAN製品の特長
・ 自動ロードバランス機能
・ 電波強度や出力の自動調整
・ 不正電波自動検知機能
・ 動的チャネル割り当てが可能
・ アクセスポイントの適切な配置を提案(エリアデザイン)
・ 高速ローミングをサポート
・ セキュリティ機能を強化したWPA/IEEE802.1xをサポート
・ IP-VPN(IPSec)での暗号化通信に対応しサブネット間ローミングが可能
・ 複数のVLANサポート

マクニカでは、10年以上にわたる無線LAN関連製品の販売および技術ノウハウをベースとし、無線LAN導入におけるセキュリティ対策や管理コスト削減のため、導入前のコンサルティングから導入後のサポート、そして運用後のメンテナンスまでの無線LANソリューションをご提供致します。
また、8月21日(木)に本製品をご紹介する「無線LANソリューションセミナー」を開催致します。詳しくはマクニカのホームページ(http://www.networks.macnica.co.jp/airespace/)をご覧下さい。

なお、当社は社内カンパニー制を導入しております。
同商品に関しましては、マクニカ ネットワークス カンパニーにて取扱いを致します。 

お問合わせ先:
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー http://www.networks.macnica.co.jp/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
   〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報企画担当 保田(やすだ)       

●Airespace, Inc.(エアスペース社)概要
米国カリフォルニア州シリコンバレー中心にあるサンノゼに本社を置くエアスペース社は、2001年11月に無線LANやセキュリティ関連に精通した創業者らによって設立されました。無線LANをシンプルかつシームレスでセキュアに利用できるためのシステムの開発と販売をしています。エアスペース社の提供する無線LAN機器はビジネスで使用されるクリティカルな音声のようなリアルタイムアプリケーションも柔軟にサポートします。
http://www.airespace.com/

Airespace


お問い合わせ先:
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー http://www.networks.macnica.co.jp/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 保田(やすだ)