2003.03.14
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー

マクニカ、早稲田大学演劇博物館へCentra社のリアルタイムコラボレーションソフトを提供

海外の演劇研究者とインターネットでリアルタイムに情報交換

 半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)は、 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(以下 演劇博物館、東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学内)向けに、米国Centra Software社の同期型コラボレーションソフト「Centra Symposium セントラ シンポジウム」を提供することを発表いたします。

 演劇博物館では、文部科学省が推進する「21世紀COEプログラム」の一環として、「Centra Symposium」を活用し、国内および海外の研究者との会議、情報交換をオンラインでリアルタイムに行い、「演劇の総合的研究と演劇学の確立」を目指します。
「Centra Symposium」は、インターネット上の仮想教室でリアルタイムにコミュニケーションが行えるプラットフォームです。遠隔地にいる複数の参加者や発表者が、パワーポイントや動画データなどのコンテンツを同じ画面で、同時に共有しながら臨場感のあるコラボレーションが行えます。双方向の音声機能や、カメラによる顔の表示、ホワイトボード機能など各種コミュニケーション機能も備えており、学術論文のディスカッションや、海外の研究者との定期的会議、国際シンポジウムの事前打ち合わせなどを、リアルタイムに行うことが可能です。

 従来、演劇研究の現場では、国際的に情報が流通する機会が少なく、数年単位で開催される国際シンポジウムに限られてきました。主催者や参加者側の時間や費用の負担がかかり、かつ年一回程度の交流では、継続的な情報交換が難しい状況にありました。また、電話や電子メールだけでは、膨大な研究資料を充分に共有するのが難しく、新しい研究や論文が各国の研究者に適切に伝わるまでに2-3年を要すこともありました。
 『これからは研究機関においても、最新の研究情報がリアルタイムに交換されるべき』(演劇博物館 副館長 竹本幹夫氏)と、海外とのリアルタイムコラボレーションを意識した、特別なハードウェアや回線に依存しない、Webベースの「Centra Symposium」の採用に至りました。
 将来的には、日本から海外の東洋文学研修者への講義や、海外からの著名な講師の講演、また、海外留学生との情報交換などにも活用できるとしています。

 3月までを試用期間とし、4月から本格稼動する予定です。システム構築は東日本電信電話株式会社(本社所在地:新宿区西新宿3-19-2 代表取締役社長:三浦 惺)、ならびにエヌ・ティ・ティ アイティ株式会社(本社所在地:横浜市中区不老町2-9-1 代表取締役社長:橋田幸雄)が担当しています。


Centra
 

 


資料: 同期型コラボレーションソフトについて

 同期型コラボレーションソフトとは、インターネット上でトレーニングや会議、セミナーなどを"双方向(Live)"で実現するための各種コミュニケーション機能を搭載したソフトウェアプラットフォームです。
 Centra Symposiumは、通常集合形式で行われているコミュニケーション;顔をみながらパワーポイントやエクセルなどでの講義や発表、挙手による質疑応答、ホワイトボードでの説明、アプリケーションのデモ等を、インターネット上でリアルタイムに行いますので、参加者は臨場感のあるイベントにモチベーションが高まり、より高い効果が見込まれます。

 既に世界約1000社を越える企業で導入実績があり、同期型eラーニング&コラボレーション市場トップシェア を誇るCentra Software, Incの日本総代理店であるマクニカは、2000年1月より、Centraシリーズの日本語化および販売を開始してまいりました。
 マクニカでは、同期型eラーニング、コラボレーションのシステム構築、販売だけでなく、導入前のコンサルティングや導入後のトレーニングサービスなど、導入支援をトータルで行っています。また、非同期型eラーニングやLMS(Learning Management System)と協業した、ブレンデッドeラーニングの提案を推進します。
 これまでに、日興コーディアル證券(株)、住友製薬(株)、(株)もしもしホットライン、日本大学など、社内教育やコラボレーションツールとして国内約50社にご採用いただいております。   
 Centra製品詳細 >> http://www.networks.macnica.co.jp/centra.html




お問い合わせ先:
株式会社マクニカ
マクニカ ネットワークス カンパニー http://www.networks.macnica.co.jp/
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル
広報企画担当 保田(やすだ)